関西支部

活動報告

 コロナ禍は一年以上経っても、おさまるどころか変異株の出現で更に心配な状態になっています。こんな状況の中でしたが、4月9日に関西支部世話人会を1年ぶりに開催することができました。リモートで参加される方もおられ、関西支部としては新しい形の世話人会でした。
 今後の見通しは立たない中ですが、できる範囲での活動は計画しようということで、今年度の活動計画を立てました。実現できるかどうかは未定ですが、実現目指して取り組みたいと思います。

○11月20日(土)
関西支部で作成したスライドショー『散骨を希望した淳和天皇と仲間たち』の上映会と拡大会員交流会

 三回目の緊急事態宣言で、予定している会場が閉館されました。今日の段階では会場は未定です。『再生』の9月号には、会場の案内と詳しい内容をお知らせできると思います。

※本当なら、総会を企画すべきなのでしょうが、すでに11月ということもあり、コロナの感染状況も不透明なので、このような形にさせていただきました。ご了解ください。

○12月11日(土)
関西支部通信の印刷・発送作業

 コロナ禍で、会員同志が会えない中、関西支部通信が会員の方々の交流の場になればと思っています。近況報告やエッセイや論文など、気楽に投稿していただければうれしいです。これも詳しいことは『再生』9月号でお知らせします。

○2022年の3月?日
高野山に行きたいと思います

 もうすでに行かれた方も多いでしょうが、今回の高野山訪問の第一の目的は、空海が自然葬を実施した可能性が高いと考えられる「陣ケ峰の遠望」です。本当は、登りたいのですが、片道2時間かかるハードな行程なので、今回は見るだけにします。また歩くのに自信がないという方も多いと思われますので、路線バスを使っての活動を考えています。歩く所はほとんどないようにします。関西支部以外の方の参加も、お待ちしています。高野山や空海の自然葬に関心のある方は、ぜひご参加ください。こちらも詳しいことは、『再生』9月号でお知らせします。

■「関西支部通信」も引き続き掲載しておきますので、どうぞご覧ください。

※お問い合わせは、本部事務局までお願いします。☎03-5577-6209